トップページ > JAグループとは > JAについて

JAについて

JAとは

JAとは、農業協同組合の「農協」にかわる愛称で、英語の「Japan Agricultural Cooperatives」の頭文字をとったものです。 農業協同組合は、農業者の協同組合で、農業者が出資しあってつくりました。 出資した農家のことを組合員といっています。JAは次のような事業を行なっています。

  • 組合員の農業生産に必要な肥料や農薬などの資材を共同で購入し、組合員に供給する。
  • 農家の生産活動において、農業の技術や経営について相談にのったり、指導したりする。
  • 貯金・貸し出しなどの信用事業
  • 生命、建物、自動車などの共済事業
  • 高齢者福祉、健康管理、旅行など

ページTOPへ

JA綱領

わたしたちJAの組合員・役職員は、協同組合運動の基本的な定義・価値・原則(自主、自立、参加、民主的運営、公正、連帯等)に基づき行動します。そして、地球的視野に立って環境変化を見通し、組織・事業・経営の革新をはかります。さらに、地域・全国・世界の協同組合の仲間と連携し、より民主的で公正な社会の実現に努めます。

このため、わたしたちは次のことを通じ、農業と地域社会に根ざした組織としての社会的役割を誠実に果たします。

わたしたちは、

一、 地域の農業を振興し、わが国の食と緑と水を守ろう。
一、 環境・文化・福祉への貢献を通じて、安心して暮らせる豊かな地域社会を築こう。
一、 JAへの積極的な参加と連帯によって、協同の成果を実現しよう。
一、 自主・自立と民主的運営の基本に立ち、JAを健全に経営し信頼を高めよう。
一、 協同の理念を学び実践を通じて、共に生きがいを追求しよう。

ページTOPへ

組合員とは

組合員には正組合員准組合員があります。

JAの正組合員は、農業者が条件です。組合員資格として耕作面積や農業従事日数など、JAごとにその基準を定めています。

准組合員とは、農業者以外の組合員で、JAごとに定めた一定の出資金を払って組合に加入します。 JAの事業を正組合員と同じように利用できますが、正組合員のように、総会での議決権や役員の選挙権などJAの運営には参画できないようになっています。 これは、JAが農業者の団体であり、非農業的な立場の利害によって支配されないようにしているためです。

ページTOPへ

JAマークについて

JAマーク

農産物の包装やダンボールに印刷されているJAマークは、「JA」をロゴマークとしてデザインしたものです。

全体として参画構造の安定感のあるデザインは、「ゆるぎない大地」「日本の国土」をイメージ。全体の三角形は「自然」を、Aの部分は「人間」をあらわしています。Jの左側の円は、「農業の豊かさ」「実り」と、協同の精神に基づく「人の和」を象徴しています。

マークの緑色は「JAグリーン」といい、自然環境と成長を象徴し、深みのあるやさしさを感じさせるものです。

ページTOPへ

サイトマップご利用にあたってお問い合わせ
Copyright(C) 2010 JA-Group Wakayama All rights reserved.